こんにちは、トンちゃんです。

【注目要項】
皆さんご存知だと思いますが第三弾ライン@が開始となりました。そちらを是非チェックしておいてください。

第三弾ライン@募集詳細



今日はタイトルにもある通り日経新春杯の出走馬を数頭分析してみたいと思いますのでよろしくお願いします。最後まで読んでくれるとありがたいです。

伝統のハンデ重賞、日経新春杯。このレースはG2らしく堅めに決着することもあれば、ハンデ戦ならではの大荒れになることもあって、なかなか予想が難しいレースでもあります。そういうレースでは、下馬評やファンの雰囲気に流されない、客観的なデータを使って予想をすることが重要になってきますね。

アフリカンゴールド
は先行してしぶとい末脚からなだれ込むレースを得意としている馬ですが、前走の菊花賞では外枠と距離が響いた形。ステイゴールド産駒ということもあり血統的には向いていそうな舞台ではあったがのですが、母父はゴーンウエストでそこまで距離の融通性がなかった印象。キャリア3勝のうち2勝を挙げている芝の2400mに戻って再度見直したいところですね。

ロードヴァンドールは京都巧者の馬なので先行できれば前残りの可能性がかなり上がります。昨年の日経新春杯2018では逃げてクビ差の2着ですし、G1だとさすがに推せないですが、G2,G3であれば善戦できるかもしれません。

ジュペルミエールステイゴールド産駒は京都金杯3着、母父のクロフネは産駒のパクスアメリカーナが京都金杯1着と、今の京都で好調な血統です。能力的にも楽しみは大きいですね。

最後に、私がこの出走馬分析から狙いと思っている馬を公開します。状態も良く今回はオススメの馬を御紹介します。



※下記サイトで出走馬分析からの注目馬を公開しております。



競馬ランキング



イン有利の馬場に恵まれたとは言ってもさすがに○○○○で3着の実績は無視できませんよね。今回も気分よく先行してロスのない競馬ができるようであれば激走必至の馬である事は間違いありませんね。


尚第二弾ライン@では最新情報が届きますので登録がまだの方は是非登録していただきますようお願いいたします。

※こちらから登録してください。※

友だち追加


今日はこの辺で失礼します。